https://www.google.com/recaptcha/api.js

シルクスクリーン印刷が得意のプリント工場

 
 あらゆる産業分野で印刷のニーズが混載いたしておりインキの分類も多種多様です。
 製品材質とインキの相性が特に大切なことです。
 それを探し出すのがプリンター職人の役目です。

シルクスクリーン印刷の普及

この印刷方式を日本に導入したのは、福井県の万石和喜政氏であった。16歳の時渡米、苦学して美術学校を卒業、画家となった万石氏は、大正6年帰国するとこの新しい印刷法を持ち帰りさらに研究、改良を加え、大正12年「複合製版法」の名で特許をとる。主に広告宣伝用品にマークやネームなどを入れるのに使用した、一般印刷業界とはまったく没交渉で、技術も固く秘密にされていたから、印刷法として一般にはほとんど認識されていなかった。

戦後昭和24年頃、謄写印刷の技術者である菅野一郎氏が戦災者や外地からの引き揚げなどの救済の意味もあってこの簡単な印刷法を採りあげ、カッチング製版用の原紙と独特な印刷インキを作り「グランド印刷」と名付けて全国的に講習宣伝した。

問合わせ先 0555-20-1522  工場長 080-2238-4854

作業時間 8:00〜6:00  (休み)日曜日

©

2005 HAMAPROCESS

Silk printing service
Silk printing service
Silk printing service